北アルプス山麓
農畜産物ブランド運営委員会の公式サイト

文字サイズ

大阪で「北アルプス山麓育ちin関西圏~白馬バレー スノーリゾート誘客説明会~」を開催しました

公開日時:【2018年11月01日 15時06分】
更新日時:【2018年11月01日 15時24分】

 10月30日(火)、大阪市内の大阪第一ホテル(大阪マルビル)において、関西圏の旅行エージェント等を対象に、「北アルプス山麓育ちin関西圏~白馬バレー スノーリゾート誘客説明会~」(主催:北アルプス山麓育ち実行委員会)を開催しました。

 各種旅行エージェント、JR西日本、大手スポーツ用品店等65名ものお客様をお迎えし、長野県からも、観光関連の索道事業者、宿泊事業者、観光関連団体、行政、事務局等25名が参加し、大盛況のうちに終了しました。

 

 第1部では、大町市・白馬村・小谷村の観光事業者による、冬季の誘客に向けたプレゼンテーションを行いました。
日本最大規模のスキーエリア「白馬バレー」のスキー場の特徴やスキー以外のアクティビティの魅力を、動画などの映像資料を豊富に交えながら説明しました。また、白馬バレーでのスキー体験が、学習旅行として好評である点もPRすることができました。

 プレゼンテーションの時間中は、小谷村の「ちゃのこ」と松川村の「黒豆茶」を味わっていただき、北アルプス山麓ブランド認定品の魅力を合わせて知ってもらうことができました。

 

 第2部では、北アルプス山麓ブランド認定品、池田町産の「桑茶」をウェルカムドリンクとしてふるまうとともに、今年度初めて、北アルプス山麓農畜産物ブランド運営委員会が公募し決定した「北アルプス山麓ブランドB級グルメ」の一つ「白馬つけみそラーメン」を味わっていただきながら、交流会を行いました。

 第1部の内容を踏まえた意見交換や名刺交換が活発に行われ、大変盛り上がり、ゲストの方からは、「若い頃、当時白馬まで運行されていたシュプール号で何度も訪れていて懐かしい、また是非訪れたい」、「熱のこもったプレゼンテーションや温かなおもてなしにより、スキー以外にも様々な魅力があることが分かった」などのお言葉をいただきました。

 ゲストへのお土産に、農林水産大臣賞を受賞した、北アルプス山麓ブランド認定品の松川村産のシナノゴールドを1個1個地元紙で包んだものを提供し、大好評でした。

 

 関西圏の旅行エージェントに、白馬バレーでのスキーやアクティビティと、食の魅力を合わせて知ってもらう大変良い機会となりました。


 


 


 

| ホーム